ドル強気派にFOMCは忘れなさいとシティが指摘-米成長の証し重視

米シティグループは、米連邦公開市場委員会(FOMC)が年内に利上げするとしても、FOMCの動きについては忘れた方がいいとドル高を見込む投資家に伝えている。

  ユーロマネー誌で外国為替取引でトップにランクされているシティのG10通貨戦略責任者、スティーブン・イングランダー氏は顧客向けリポートで、ドルはFOMCの動向より米経済成長の証しを材料に取引される可能性が高いと指摘した。

  同氏は年内の米利上げの可能性を排除しないとする一方で、11月8日の米大統領選までの選挙運動期間中はFOMCの政策担当者が行動をためらう公算が大きいとし、利上げの可能性に左右されないように顧客に促した。

原題:Citigroup Says Dollar Bulls Would Be Wise Not to Count on Fed(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE