新興市場株:MSCI指数、続落-日米の金融政策決定会合を控え

25日の新興市場株は続落。米連邦公開市場委員会(FOMC)が依然として利上げに向け順調に進んでいることが今週の会合で示唆されるとの観測が広がり、高利回り資産への需要が後退した。日本銀行も今週、政策決定会合を開く。

  台湾株が下落。フィリピンやインドネシアの株式相場は上げている。マレーシア通貨リンギットは対ドルで6営業日続落と、昨年11月以来の長期の下げ。米国とシンガポールの当局はマレーシア政府の投資会社1マレーシア・デベロップメント(1MDB)関連の資金動向を調査している。

  MSCI新興市場指数はロンドン時間午前6時25分(日本時間午後2時25分)現在、前週末比0.1%下落。22日は0.2%安で引けた。

原題:Emerging Assets Fall Before Fed, BOJ Policy Meetings This Week(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE