ドイツ・バイエルンでシリア人自爆、12人負傷-音楽祭会場入り口付近

ドイツ・バイエルン州の街アンスバッハで開かれた音楽祭の会場入り口付近で、27歳のシリア人の男が自爆して死亡し、12人が負傷した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。