シンガポール通貨庁:金融政策スタンスは適切-世界経済悪化なければ

シンガポール通貨庁(MAS、中央銀行)は25日、インフレ率が年内にプラスになる可能性があると予想し、現行の金融政策スタンスは適切との認識を明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。