年初来リターン15%のファンド、現金積み増し-債券市場の魅力低下

イートン・バンス債券ファンドを運用するキャサリン・ガフニー氏は、利回り追求の動きを背景に債券市場の魅力が低下していると指摘した。2015年にリターンがマイナスとなっていた同ファンドは、今年に入りプラスのリターンを上げている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。