ニッケル供給不足幅が縮小へ、インドネシア立ち上げ進む-住友鉱予測

  • 今年の需給は4万7000トンの供給不足に、8万トンの不足から修正
  • インドネシアでのニッケル銑鉄の生産プロジェクト計画通り進展

ニッケル製錬で国内最大手の住友金属鉱山はこのほど、2016年の世界のニッケル需給が4万7000トンの供給不足になるとの予測をまとめた。5月時点の8万トンの供給不足から不足幅が縮小する見通し。インドネシアでの安価で低品位のニッケル銑鉄と呼ばれる品種の生産プロジェクトの立ち上げが同社の想定以上に進んでいることが影響する。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。