日米イベントにらみのドル・円、3度目の正直で雲抜けか-みずほ証

  • 主戦場が100~105円というよりも105~110円になる可能性と鈴木氏
  • ドル・円の値幅は半年で2000年以降の最大を記録した08年来の大きさ

米連邦公開市場委員会(FOMC)と日銀金融政策決定会合。市場関係者が待ち構える今週のメーンイベントだ。みずほ証券投資情報部の鈴木健吾チーフFXストラテジストは、ドル・円相場が一目均衡表で3度目の正直となる上昇シグナルを出すかどうかに注目している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。