中国人民元、対通貨バスケットで4日続伸-中銀が相場安定維持を表明

更新日時

中国人民元は25日、通貨バスケットに対し4営業日続伸。5月以来の長期の上げ局面となった。中国人民銀行(中央銀行)が元相場の安定を維持すると表明した。

  人民銀の陳雨露副総裁は北京での24日の会議で、人民銀が通貨バスケットに対する元相場の安定維持に懸命に取り組むだろうと述べた。

  13通貨のバスケットに対する人民元の動きを示す「CFETS(中国外国為替取引システム)人民元指数」を基にしたブルームバーグのレプリカは前週末比0.1%上昇。ここ4営業日で0.9%上げている。

  CFETSによると、人民元は上海市場で現地時間午後4時39分(日本時間同5時39分)現在、前週末からほぼ変わらずの1ドル=6.6797元。香港市場で取引されているオフショア人民元は0.1%安の6.6895元。

原題:Yuan Climbs for Fourth Day Versus Basket as PBOC Backs Stability(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE