モービルアイ弱気派後退、将来の自動運転車普及で重要な存在との見方

  • 空売りポジションが減少-10カ月ぶりの低水準
  • BMWがモービルアイと提携、2021年までに自動運転車の生産目指す

自動運転車向けの半導体やソフトウエアを手掛けるモービルアイの空売りポジションが減少している。一時はソフトウエア株で世界で最も空売りされていた。同社が2021年までに完全な自動運転車の生産を目指し、ドイツ高級車メーカーのBMW、半導体の米インテルと提携したことが手掛かり。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。