公的年金がベンチマークはみ出す柔軟な運用を容認-受託者責任を追求

更新日時
  • 市町村連合会、募集要項に「通常のパッシブ運用とは異なる」と明記
  • トータルリターンによるパフォーマンス評価が浮上も-みずほ証

マイナス利回りが10年国債にまで広がる中、国内債券をベンチマーク運用する投資家の間で、少しでも利回りの稼げる債券種類への投資拡大など、柔軟な運用を容認する動きが出始めている。年金基金が年金原資を増やそうと必死になっている姿の現れだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。