フランスのワイン生産高が減少か-シャンパーニュ地方など霜被害で

  • ロワール川流域などのブドウ畑、春季に霜とひょうの被害受ける
  • ワインはフランス最大の農産物輸出品:税関当局データ

フランスのワイン生産高が3年ぶりの低水準に落ち込む可能性があるとの見方を、同国政府が示した。春季の霜とひょうの影響でシャンパーニュ地方やブルゴーニュ地方、ロワール川流域のブドウに被害が出たためと説明している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。