原油の強気派、製油所の定期修理による需要急減を懸念-買い越し減少

  • 米国では、夏季休暇が終了する8月と9月にガソリン需要が落ち込む
  • 資産運用会社の売りポジションはここ1年で最大の増加示す

原油市場の強気派は注意する必要がある。米国の原油生産は減少し在庫が取り崩されているが、需要は大幅に落ち込む可能性がある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。