IOC:ロシアの全面排除は見送り-リオ五輪出場へ厳しい条件課す

  • 国外検査の合格や各競技連盟の承認が条件
  • ドーピング違反歴のある選手のリオ五輪参加は認めず

国際オリンピック委員会(IOC)は24日の緊急理事会で、国家主導のドーピングが発覚したロシアのリオデジャネイロ五輪への参加を全面排除する決定を見送る一方、各選手に国外でのドーピング検査合格など厳しい条件を課した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。