日本株は小幅続落、任天堂やディフェンシブ一角安い-政策待ちこう着

更新日時

25日の東京株式相場は小幅続落。米国株高や為替の円安などを好感し、一時上昇基調を強めたが、国内の具体的な政策動向を見極めようと上値は重く、午後はこう着感を強めた。任天堂急落の影響でその他製品株が大幅安、情報・通信や食料品などディフェンシブ株、海運株も安い。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。