ECB、QE対象の国債不足すれば解決策見いだす-ビスコ伊中銀総裁

イタリア銀行(中央銀行)のビスコ総裁は、欧州中央銀行(ECB)の資産購入プログラムの実施で浮上し得るいかなる問題についても対処できるとの認識を示した。

  ビスコ総裁は中国・成都での20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議後にブルームバーグのインタビューに応じ、これまでのところ1兆7000億ユーロ(約200兆円)規模の量的緩和(QE)プログラムの完了を危うくしかねない国債不足が存在する「証拠はない」と指摘。「問題は今までのところ見当たらない。問題が見つかれば解決策を見いだす」と付け加えた。

  英国の欧州連合(EU)離脱選択を受けた安全資産需要の高まりで国債利回りが低下し、QEでの購入対象が縮小したため、ECBが問題にぶつかるとの懸念が強まった。事情に詳しい複数の関係者が7月21日のECB政策委員会後に話したところによると、当局は9月の政策委でQEの見直しを議論する可能性が高いものの、経済見通しの悪化がなければ、大幅変更を予想する理由はないという。

原題:Visco Says ECB Will Find Solutions If Bond Shortages Emerge(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE