コンテンツにスキップする
Subscriber Only

G20声明:世界経済回復で政策総動員-英離脱の影響に積極対応

更新日時
  • 金融政策だけでは均衡ある成長につながらず
  • 共同声明はトルコに言及せず

中国・成都での20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は24日、信頼感と経済成長を高めるためにすべての政策手段を活用することをあらためて公約した共同声明を採択して閉幕した。声明は追加的な金融刺激策よりも、財政・構造政策を一段と強調した。

  共同声明は「世界経済の回復は続いているが、引き続き望ましい水準より弱い」と指摘した。

  G20は英国民投票での欧州連合(EU)離脱選択後の影響について、対応可能との楽観的な見方を表明。ただ、ルー米財務長官は英国のEU離脱で包括的な成長の重要性が増したと強調した。

  G20は予想通り、通貨の競争的な切り下げを回避し、為替市場に関して緊密に協議、あらゆる形態の保護主義に対抗すると繰り返した。日本は過去と同様に、声明が為替レートの過度の変動への警告を再確認したことを強調した。

  G20声明は「構造改革の重要な役割を強調しつつ、共通の成長目標を支えるにあたってわれわれの財政政策が同様に重要であることを強調する」と述べ、4月の声明内容を修正。

  共同声明は2月、4月のG20と同様に、「金融政策だけでは均衡ある成長につながらない」と指摘した。

  英EU離脱に関しては、G20諸国が「英国民投票から生じる潜在的な経済および金融の影響に積極的に対処する態勢を整えている」と指摘。「英国がEUの緊密なパートナーである姿に期待している」とも述べた。

   共同声明はトルコには触れていない。メンバーの間で声明での言及をめぐって意見の相違があった。

  中国の楼継偉財政相はG20が2年ごとに構造改革について見直すと述べた。

原題:G-20 Pledges to Use All Tools to Fight Weak Global Recovery (1)(抜粋)

(第7段落以降に英EU離脱への声明内容などを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE