【FRB要人発言録】利用可能な手段を常に精査-メスター総裁

7月19日から24日までの米連邦準備制度 理事会(FRB)要人の主な発言は以下の通り(記事全文は発言者の氏名をクリックしてください)。

<7月20日>
メスター・クリーブランド連銀総裁:われわれは利用可能な手段を常に精査している。米国では過去に量的緩和を実施し、その有効性が実証されたと考える。従って、緩和強化が望ましい状況になるとすれば、それが次のステップになるだろうというのが私の見解だ。

前回の発言録はここをクリックしてください。

関連ニュースと情報:
トップストーリー:TOP JK
海外トップニュースの日本語画面:TOP JI
FRBポータル: FED
信用収縮: WWCC
FRBのバランスシート: ALLX FARW
FOMC: FOMC

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE