過去最高の8割が追加緩和予想、問われる本気度-日銀サーベイ

更新日時
  • 7月予想は41人中32人と圧倒的多数-手段トップはETF買い増し
  • 緩和なければ市場失望、円高進行との見方-追加緩和の効果に疑問も

日本銀行が今週開く金融政策決定会合で追加緩和に踏み切るとの見方が、異次元緩和導入以降の過去最高に達したことがブルームバーグのエコノミスト調査で分かった。2%の物価目標の早期達成のためには何でもやるとしてきた日銀の本気度合いが問われており、緩和がなければ円高が進むとの見方が多い。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。