【今週の債券】長期金利低下か、緩和観測根強い―超長期オペ減に警戒も

  • 長期金利の予想レンジはマイナス0.30%~マイナス0.15%
  • 40年入札、警戒感あるが買わなければいけない向きも―三井住友AM

今週の債券市場で長期金利は低下すると予想されている。週末の日本銀行の金融政策決定会合では、政府の景気対策の策定に合わせて追加緩和策に踏み切るとの観測が根強く、利回り曲線にフラット(平たん)圧力が掛かりやすいとの見方が背景にある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。