米金融当局、財政サイドからの支援要請強める-単独での対応に限界

  • 人口動態や生産性など長期的な成長の重しに一段と注意を向ける
  • イエレン氏は6月、財政が「支持的な役割を担っていない」と指摘

過去8年間、米金融当局はアクセルを踏み続けてきた。金利を引き下げ、債券を購入し、停滞した景気を回復させる不退転の決意を表明した。その結果、グレートリセッションの傷は癒え、一時10%に達した失業率は5%を下回る水準に低下した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。