日本株運用のヘッジファンドは不振、マイナス金利も円高で帳消し

更新日時
  • 上半期の日本運用のヘッジファンドの運用成績はマイナス5.1%
  • 運用額は3月末で9カ月前に比べ14%減少、TOPIXワースト2位

かつて日本での投資実績があった米ファンド・オブ・ファンズのスカイブリッジ・キャピタルは現在、日本市場で運用するヘッジファンドには投資していない。レイ・ノルト最高投資責任者(CIO)は、「今の環境では結果に自信を持って日本の資産を運用することは難しい」と、その理由を話す。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。