日銀総裁:「必要なら追加緩和措置も」G20で説明へ、国債引受は禁止

20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議出席のため、中国の成都を訪れている日本銀行の黒田東彦総裁は23日、記者団に対し「物価目標を早期に実現するために必要であるのなら追加緩和措置を講ずる」との考えを改めて示し、G20の場でも説明していくと述べた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。