NY外為(22日):円下落、日銀の決定会合を控え追加緩和の憶測

更新日時

22日のニューヨーク外国為替市場では週間ベースで円が5月以来初めて2週連続安。日本の景気刺激には追加措置が欠かせないとの見方が広がった。

  みずほ銀行とコメルツ銀行は日本銀行が来週開く金融政策決定会合で利下げや資産購入の拡大は発表しない可能性が高いとみている。複数の政府関係者が22日、ブルームバーグに対し明らかにしたところによれば、政府は月末をめどにまとめる経済対策の財政支出を3兆円規模で調整に入っている。

  コメルツ銀行の為替ストラテジスト、エスター・ライヒェルト氏は「来週に財政出動があるとは考えにくいようだが、日銀の追加緩和をもう少し待つ余地はあるようだ」と述べ、「日銀が何もせず、短期的な追加緩和も示唆しなければ円は確実に上昇するだろう」と続けた。

  ニューヨーク時間午後5時現在、円は対ドルで0.3%下げて1ドル=106円13銭。週間ベースでは1.2%安。

  前日の円は日本銀行の黒田東彦総裁がヘリコプターマネーの必要性も可能性もないと発言したことを受けて上昇した。黒田総裁は英BBCラジオ4のインタビューで発言したものだが、これが収録された日が6月23日の英国民投票以前だったことが分かると上げ幅を縮小した。

  みずほ銀行(ロンドン)のヘッジファンドセールス責任者、ニール・ジョーンズ氏は「日銀会合や財政に関する発表を控えて円は売られるだろう」と述べ、「日銀会合では政策が据え置かれる可能性がある一方で、日本が追加緩和に踏み切るのは時間の問題だとも考える」と続けた。

原題:Yen Weakens Before BOJ Meeting as Monetary-Stimulus Wagers Build(抜粋)

(相場を更新し、第5段落以降を追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE