G20:英EU離脱選択に伴う経済的影響に対応、準備は万端-声明草稿

今週末に中国・成都で開かれる20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議の声明草稿によれば、G20には英国の欧州連合(EU)離脱選択が経済にもたらす影響に対応できると明記する意向だ。声明は会合終了後に発表される。

  ブルームバーグ・ニュースが閲覧した声明草稿は「G20加盟国は、英国民投票の結果に伴い予想される経済・金融への影響に積極的に対応できる体制を十分整えている」と記述。草稿は次官級の当局者が22日協議したもので、今後2日かけて見直される。

  声明草稿はさらに、英EU離脱選択は「世界経済の不透明感を高める」と指摘。「世界の経済環境は厳しく、下振れリスクも続いている。これは商品相場の変動や多くの国で見られる低インフレ、地政学的衝突、テロや難民流入問題などが背景にある」と続けた。

原題:G-20 Says It’s Prepared to Deal With Brexit’s Economic Fallout(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE