ECB政策委、9月会合でのQE変更の緊急性認識せず-関係者

  • 英国のEU離脱選択の後も現行のQEプログラムは有効と判断
  • 購入適格の資産が直ちに不足するとは考えていない

欧州中央銀行(ECB)の当局者らは現在のところ、9月の政策委員会で債券購入プログラムを調整または拡大する緊急な必要性はないと考えている。事情に詳しいユーロ圏当局者が明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。