英経済、EU離脱選択で劇的に悪化したもよう-マークイットPMI

  • 7月の総合PMI速報値は47.7-09年4月以来の低水準
  • 7-9月はマイナス0.4%成長となる方向-リセッション入りも示唆

英国が国民投票で欧州連合(EU)離脱を選択したことで、国内経済が「劇的に悪化」したもようだ。経済活動が金融危機以来の急激なペースで縮小した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。