中国政府系ファンド、海外投資リターンがマイナスに-商品安など響く

中国政府系ファンドの中国投資(CIC)は、2015年の海外投資のリターンが3年連続で低下したことを明らかにした。マイナス金利やドル高で株式や債券のリターンが振るわなかったことや、商品相場の下落が響いた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。