礼儀正しい英国人も切れる、顧客サービスのひどさ-チャート

  英国人の礼儀正しさと忍耐力には定評があるが、顧客サービスのひどさに直面すると冷静さを失うことがある。ひどい対応を受けた場合その会社とはもう付き合わないという人の割合は、英国人が米国、オーストラリア、ブラジル、ドイツに比べ断トツに高い。ユーガブが調査会社コンタクトエンジンのために実施した調査で分かった。英国人は長い間、世界で最も寛容な消費者だったが、とうとう堪忍袋の緒が切れたようだ。ソーシャルメディアの普及で声を上げるのが容易になったことも一因だとコンタクトエンジンのマーク・スミス最高経営責任者(CEO)が分析した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。