米JPモルガン、ディーラー向け政府証券決業務から撤退へ

米銀JPモルガン・チェースは2017年末までに大半のディーラー向け政府証券決済業務から撤退する。1兆6000億ドル(約169兆円)規模のレポ市場の重要な一角の一部取引も対象となる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。