新興市場株:下落、刺激策観測が後退-マレーシア・リンギットも安い

22日の新興市場株と通貨は下落。各国・地域の中央銀行が追加刺激策を控えるとの懸念が広がり、高利回り資産の需要が後退した。

  シンガポールと米国の当局がマレーシア政府の投資会社1マレーシア・デベロップメント(1MDB)に関連する資産の差し押さえに動き、原油相場が週間ベースで下落に向かう中で、マレーシア・リンギットは5日続落。インドネシア株は続落。同国の中銀は21日に政策金利の据え置きを発表し、利下げを休止した。中国株も安い。

  MSCI新興市場指数は香港時間午後1時14分(日本時間同2時14分)現在、前日比0.3%安。全10業種が下落している。

原題:Emerging Assets Fall as Stimulus Outlook Worsens; Ringgit Slides(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE