中国株:下落、週間ベースで1カ月ぶりの下げ-ボラティリティ低下

更新日時
  • 相場は短期的な調整に入っている-上海金曠投資の張氏
  • 香港市場でハンセン指数は0.2%安、H株は0.3%安

22日の中国株式相場は下落。週間ベースでは1カ月ぶりの下げとなった。上海総合指数のボラティリティ(変動性)の指標が2014年11月以来の低水準となる中、消費関連株やエネルギー銘柄が売られた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。