財務省:流動性供給入札、最大利回り格差マイナス0.007%(表)

財務省が22日実施した国債の 流動性供給(第218回)の入札結果は、公社債店頭売買 参考平均値と比較した最大利回り格差がマイナス0.007%、 平均利回り格差はマイナス0.010%となった。 (金額の単位は10億円)

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。