ドル・円105円後半、ヘリマネ観測後退で上値重い-来週のイベント警戒

更新日時
  • 106円26銭まで円売りが先行した後、一時105円57銭を付ける場面も
  • 水準感としてはここ数日の上げ戻したというところ-バークレイズ証

22日の東京外国為替市場では、ドル・円相場が1ドル=105円台後半で推移。日本銀行の黒田東彦総裁のヘリコプターマネー否定発言を受けて円が買われた前日の海外市場の流れを引き継ぎ、日本株の下落を背景に上値の重い展開となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。