【債券週間展望】長期金利低下か、ヘリマネ懸念後退で円高・平たん化

  • 真水増額や金融政策枠組み変更なければ金利上昇せず-三井住友AM
  • 財政面の景気対策を警戒、長期・超長期国債は上値の重さも-岡三証

来週の債券市場では長期金利の低下が予想されている。ヘリコプターマネー政策への懸念が後退する中、日本銀行の金融政策決定会合では市場にサプライズとなる追加緩和策は期待しづらくなっており、円高進行とイールドカーブのフラット(平たん)化を予想する見方が出ている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。