トランプ氏:崖っぷちの米国を救えるのは自分だけだ-指名受諾

更新日時
  • 米国は最悪の状態に陥る瀬戸際にあると共和党全国大会最終日に演説
  • 国民を守ることができる指導者は自分だけだとアピール-米大統領選

米不動産王ドナルド・トランプ氏は、オハイオ州クリーブランドで開かれた共和党全国大会の最終日の21日夜、大統領候補の指名を正式に受諾した。指名受諾演説では、米国が最悪の状態に陥る瀬戸際にあると指摘した上で、自分は信用を失い劣化した既存の支配層に立ち向かえる最善かつ最後の頼みの綱だと語り、周囲に流されないアウトサイダーとして自身をアピールした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。