米AMD:7-9月も増収へ、収益てこ入れ策前進-株価上昇

アドバンスト・マイク ロ・デバイシズ(AMD)の4-6月(第2四半期)決算は、2014年以来の増収となった。7-9月(第3四半期)も増収を見込んでおり、コンピューター用プロセッサー市場での収益確保に向けた取り組みが前進していることを示唆した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。