NY原油(21日):大幅反落、潤沢な夏期ガソリン在庫を嫌気

21日のニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物が大幅反落。前日の米エネルギー情報局(EIA)統計で、ガソリン在庫が夏の最盛期としては少なくとも10年ぶりの高水準にあることが示された。一方でドルは下落。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が当面は追加緩和を行わない可能性を示唆した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。