リオ五輪でのテロ計画、ブラジル警察が阻止-「イスラム国」下部組織

ブラジルの連邦警察は、2週間後にリオデジャネイロで開会する夏季五輪でのテロ攻撃を計画した疑いで、複数の身柄を拘束した。

  パラナ州当局の21日の声明によれば、ブラジル国籍の12人の集団がテロリスト組織「イスラム国」の下部組織としてテロ攻撃に及ぶ可能性があったという。人種および宗教に対する不寛容を支持するメッセージや目的達成のため武器やゲリラ戦術を用いる意図が、傍受した通信で明らかになったとしている。

  モラエル法相はブラジリアで記者団に対し、この集団はイスラム国と接触、忠誠を誓い、攻撃の計画を立て、そのためのトレーニングを開始していたと説明した。警察当局は容疑者10人を拘束し、残りの2人については逮捕令状を発行した。

原題:Brazil Dismantles Supposed Terrorist Cell With Olympic Plot (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE