バフェット氏:企業の利益予想の発表、過誤につながる恐れも

米資産家ウォーレン・バフェット氏は、四半期業績を基に利益予想を示す慣行が企業経営陣の優先事項をゆがめる恐れがあると指摘した。投資・保険会社バークシャー・ハサウェイを率いるバフェット氏は、コーポレートガバナンス(企業統治)の向上を主張する企業トップの一人だ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。