ECB、政策金利とQEの現状維持-英EU離脱選択の影響見極め

欧州中央銀行(ECB)は21日、3つの政策金利全ての据え置きを発表した。資産購入規模も現状を維持した。英国の欧州連合(EU)離脱選択の影響を見極めたい考えだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。