英中銀のフォーブス委員:刺激策拡大、急ぐ必要はない

イングランド銀行(英中央銀行)金融政策委員会(MPC)のフォーブス委員は、英国の欧州連合(EU)離脱選択を受け刺激策拡大を急ぐ必要はないとの認識を示した。市場の混乱が落ち着いてきたことや消費者の冷静な対応、国民投票前の「かなり堅調」な成長をその理由に挙げた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。