トランプ氏:米国はロシアの攻撃からNATO同盟国守らない可能性も

米大統領選挙の共和党候補、ドナルド・トランプ氏は、北大西洋条約機構(NATO)加盟国がロシアから攻撃を受けた場合、当該国が「米国に対して義務を果たしているか」を査定した後でしか救援に駆けつけないと言明した。

  同氏は20日の米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)とのインタビューで、同氏が大統領となった場合に、NATO加盟国が米軍によって守られるという保証が自動的には延長されない可能性を示唆した。ロシアと国境を接しているバルト海沿岸諸国に言及した。

原題:Trump Says U.S. May Not Defend NATO Allies Against Russia Attack(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE