独ルフトハンザ、16年利益見通し下方修正-テロ頻発で

ドイツのルフトハンザ航空は2016年の利益見通しを下方修正した。テロの頻発と経済の先行き不透明感による欧州の旅行需要減退が背景。

  20日遅くの発表によると、調整後の通期利益は前年比で減少する見込み、これまでは若干の増加を見込んでいた。1-6月(上期)は増益だった。旅客航空部門の売上高は7-9月(第3四半期)に「幾分の減少」を見込んでいる。

  「特に長距離の欧州行き路線で予約が大幅に減少した。欧州でのテロ頻発と政治・経済の不透明感の高まりが主因だ。取締役会は現時点で完全な回復の可能性は低いとみている」と説明した。

原題:Lufthansa Cuts Profit Forecast After European Terror Attacks (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE