独ダイムラー:4-6月のメルセデス利益率低下-タカタ絡み費用響く

ドイツの自動車メーカー、ダイムラーの4-6月(第2四半期)決算では、メルセデス・ベンツ部門の利益率が低下した。モデル刷新コストのほか、タカタ製エアバッグのリコール(無料の回収・修理)に関連する一時費用計上も影響した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。