キー・セーフティが検討へ、タカタから出資の打診を受け-関係者

更新日時

エアバッグの大規模リコール問題を抱えスポンサー(出資者)を探しているタカタに対し、業界4位で、中国の部品メーカー傘下の米キー・セーフティ・システムズが関心を示していることが、事情に詳しい関係者への取材で分かった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。