米テスラCEO:EVトラックやバス生産へ-マスタープラン公表

  • 太陽光発電・蓄電システムを開発、ライドシェア事業も計画
  • ソーラーシティーとの統合が必要な理由を説明

米電気自動車(EV)メーカー、テスラモーターズのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は20日、「マスタープラン」の概要を明らかにした。同プランが示す長期ビジョンには太陽光発電と蓄電の統合システムや、貨物輸送トラックとバスの製造などが盛り込まれている。同CEOはライドシェア事業も計画している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。