シンガポール:1MDBの調査に絡み資産190億円を差し押さえ

シンガポールは、マレーシア政府の投資会社1マレーシア・デベロップメント(1MDB)をめぐる不正疑惑に関連する個人から、2億4000万シンガポール・ドル(約190億円)の資産を差し押さえたことを明らかにした。

  シンガポール通貨庁(MAS、中央銀行)の21日の声明によると、さまざまな人々の銀行口座が差し押さえられたほか、これらの人々が所有する不動産の取引も制限された。差し押さえた約1億2000万シンガポール・ドルの資産はマレーシアの資産家ジョー・ロウ氏と家族が所有するものだと述べた。

  米司法省が20日明らかにしたところによれば、1MDBからは35億ドル(約3750億円)余りが流用され、約10億ドルが米国の銀行システムを通じてロンダリング(資金洗浄)された。国際的な資金洗浄・流用が2009年から15年まで行われた疑いがあるという。

原題:Singapore Seizes S$240 Million in Assets Related to 1MDB Probe(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE