海運2社:今年最低のCDSが反発も、業績下方修正の懸念-みずほ証

  • 商船三井は英EU離脱問題で「為替変動が大きく業績修正の可能性」
  • 川崎汽船は市況改善が芳しくなく、業績修正の可能性

昨年以来の低水準で推移している商船三井川崎汽船の社債保証コスト(CDS)は、上昇に転じる可能性があると、みずほ証券は指摘する。英国の欧州連合(EU)離脱問題で為替変動リスクが高まっていることなどから、両社の業績が下方修正される可能性があるとみているからだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。