中国:人民元の中心レート引き上げ、3週間ぶりの大きさ-G20控え

中国人民銀行(中央銀行)は21日、人民元の対ドル中心レートを約3週間ぶりの大きさで引き上げた。ドルが上昇する中で、中心レートを1ドル=6.7元を割り込まない水準に維持した。中国・成都では23、24日に20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が開かれる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。