円下落、大型経済対策期待で対ドル1カ月半ぶり安値-一時107円半ば

更新日時
  • 一時107円49銭、6月7日以来の水準までドル高・円安進む
  • 経済対策受け、日銀会合読みにくくなっている-みずほ証

21日の東京外国為替市場では円が下落し、対ドルで約1カ月半ぶりの安値を付けた。政府が事業費20兆円を超える大型経済対策の調整に入ったとの一部報道を受けて、リスク選好に伴う円売り圧力が掛かった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。